ロゴ ログイン
ロゴ アフィリエイトとは 報酬について 登録手順 広告素材について ログイン
利用規約
- ポケワクアフィリエイト利用規約について -

第1条(総則)

[1] .本規約は、株式会社エムジー (以下「当社」といいます) が提供するアフィリエイトサービスへの参加および利用に関して遵守すべき事項を定めるものです。

[2] .ポケットワークアフィリエイトと提携される本会員には本規約に同意の上、本サービスをご利用いただく事とします。

第2条(定義)

・「本サービス」とは、当社が提供するアフィリエイトサービスを指します。

・「本会員」とは、規約に基づき当社の提供するアフィリエイトサービスと提携をした者を指します。

第3条(アフィリエイト登録)

[1] .本サービスは、18歳以上(高校生を除く)の方であればどなたでもご参加いただけます。

[2] .本サービスは本会員が保有するメディアに専用リンクを設置し、そのリンクよりポケットワークに本登録した会員数に応じて当社が成果報酬をお支払いします。

第4条(成果プラン)

本サービスでは、【審査制】と【全承認制】の成果プランを提供いたします。

【審査制】

[1] .紹介登録発生後、当社が定める審査基準を満たしますと成果承認され報酬が発生します。

[2] .審査基準については後述 第5条(審査基準)にて記載します。

初期成果報酬

・ポケットワーク女性求人プログラム
 ∟通勤チャットレディ|14,000円
 ∟在宅チャットレディ|10,000円
 ∟在宅スマホチャットレディ|4,000円
 ∟在宅テレフォンレディ|2,500円

・VIVOメールレディ求人プログラム
 ∟メールレディ(VIVO)|4,000円

【全承認制】

[1] 重複や不正などを除くすべての紹介登録が承認となり、成果報酬が発生します。

[2] 審査基準については後述 第5条(審査基準)にて記載します。

[3] 全承認制プログラムへの参加には当社規定による事前審査があり、全承認対応後は事前に告知する報酬単価へ変更となります。
※一定の効果が見られない場合、当社から全承認制の解除をすることが出来ることとします。

初期成果報酬

・ポケットワーク女性求人プログラム
 ∟通勤チャットレディ|7,000円
 ∟在宅チャットレディ|5,500円
 ∟在宅スマホチャットレディ|2,500円
 ∟在宅テレフォンレディ|1500円

・VIVOメールレディ求人プログラム
 ∟メールレディ(VIVO)|2500円

第5条(審査基準)

本サービスの【審査制】【全承認制】では、不正や悪質なアフィリエイト活動を防ぐことを目的に審査基準を満たした紹介登録から順に審査を行います。
未承認ステータスの場合、提携本会員が本サービス終了・退会にならない限り、月が変わっても継続して未承認ステータス(審査待ち)となります。

審査においては、【審査制】【全承認制】ともに下記項目に該当する紹介登録は審査対象外とします。

・18歳未満(高校在学を含む)の登録
・不正登録や利用意思のない方の登録、または当社規約違反と判断した登録
・登録不備 (本人確認が取れない、申し込み時の虚偽記載、身分証不正などでの申し込み、その他弊社規約違反に該当する登録)
・重複登録(過去1年以内参照)
 ∟同一会員が重複応募してくる場合がありますのでその場合は重複と判断
・提携本会員ご本人による登録

第6条(広告素材の提供)

本サービスではバナーや紹介用ページ(LP)などの宣伝用素材をご提供します。

・画像加工などの編集は禁止とします。
・本サービスにおける広告掲載以外での利用は禁止とします。
・広告URLの改変などにより成果が正常に反映されなかった場合の補償はいたしません。
・ポケットワーク、VIVOなどのサイトブランド名を使用したリスティング集客は禁止とします。

第7条(アフィリエイト報酬の支払い)

本サービスではバナーや紹介用ページ(LP)などの宣伝用素材をご提供します。

本会員は、本契約期間中または契約終了後にかかわらず、本契約および本契約に関連して知り得たユーザのIPアドレス、その他ユーザの特定につながる情報、リンク等の設置または成果報酬の支払のために当社より開示された情報や本サービスの利用に伴い知り得た本サービス、当社または利用者に関する情報を、他に開示・漏洩してはならないものとします。

[1] 未払い報酬が15,000円以上貯まると、報酬申請が可能となります。
[2] 支払いは毎月末締め、翌月15日 に本会員が登録した銀行口座に振り込みします。振込手数料については本会員の負担とします。また、報酬金額は消費税込みとなります。
[3] 登録された銀行口座が存在しない場合、支払い手続きは保留といたします。保留後は当社担当スタッフより口座確認の連絡をいたしますので、口座確認が取れるまで支払い手続きを再開しないものとします。
尚、組み戻しにかかる金融機関への手数料は本会員負担とします。
振込口座の修正・変更があった場合には、次回支払日に修正・変更された指定口座へお振込みとなります。
[4] 成果報酬の請求権は、個々の報酬発生日から起算して2年で消滅するものとし、以後如何なる理由があとうとも請求する事ができないものとします。
[5] 紹介登録に不正の疑いがある場合や、退会・利用意思のない登録が多数発生している場合は既に確定している報酬でも減額できるものとします。

第8条(禁止事項)

本サービスにおいては下記事項を禁止とします。

・当社(当社の職員およびサービスサイトの関係者を含む)、ユーザ、一般消費者その他の第三者の権利、利益、プライバシー、名誉等を損なう行為、その他の不利益を与える行為またはそのおそれのある行為
・公序良俗、法令違反となる行為
・電子メールでのスパム行為、または掲示板への書込み等による宣伝行為
・ポケットワーク、VIVOの名称、またはそれに準ずる名称を使用してのリスティング広告(Google広告、Yahoo!広告など)による集客
・マルチ商法などによる営利目的による集客
・同一ユーザーによる多重登録や不正登録、その他ユーザーへインセンティブの付与をおこなう行為、またはこれらに類似する行為
・「公式サイト」「オフィシャルサイト」「公認」などユーザーに誤解を与えるような表記、タイトル、サイト名のサイトを作成する行為
・当サイトのブラウザアプリを作成しリダイレクトによる誘導
・18歳未満(高校在学を含む)の本サービスの提携、利用
・暴力団等の反社会勢力、または過去に暴力団等反社会勢力であった者の本サービスの提携・利用
・暴力団等反社会勢力が実質的に本会員の事業活動を支配していること
・不実告知(提携時の登録情報の虚偽、アフィリエイト活動に伴う事実と異なる事、口コミなどの捏造、虚偽と思われる内容の訴求)
・申請サイト以外での集客
・その他、当社が不適切と判断する行為

第9条(本規約の違反対処)

当社は、本会員が本規約に準じているか確認の必要があると判断した場合、調査を行う権利を有するものとし本会員はこの確認に応じる義務を負うものとします。
また本会員の不正行為が発生した場合、当社はアフィリエイト報酬の支払いを拒否する事が出来る事とします。
これは過去支払い済みの報酬を返金請求する事が出来るほか、これに起因する損害について本会員は賠償責任を負うものとします。

第10条(利用制限および登録抹消)

当社は、以下の場合に事前通知なく提携パートナーに対して本サービスの全部もしくは一部の利用制限、またはパートナー提携を解消できるものとします。

[1] 本規約のいずれかの条項に違反した場合
[2] 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
[3] その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

当社は、本条に基づき当社が行った行為により本会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第11条(免責事項)

アフィリエイト活動における責任と権利は本会員にあるものとします。
提携本会員はアフィリエイト活動において嘘や誇大表現、誤解を招くような広告活動は避け、秩序をもって行うものとします。
広告内容と当サイトとの内容の違いで勧誘者との間に起こったトラブルについて、当社は一切責任を負わないものとします。

当社は運用に最善の努力を致しますが、障害が生じないことを保証するものではありません。
通信機器や回線の障害など、その他本サービスに関して本会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

第12条(本会員に対するサポート)

本サービスに関するお問い合わせの受付は、当社が指定するメールアドレスに対する電子メールのみとします。
当社は本会員が使用する通信機器、通信ソフト等の一切のサポートは有償無償を問わず行わないこととします。

第13条(損害賠償)

本会員が本規約に違反した行為、不正もしくは違法な行為によって当社もしくは本サービスに損害を与えた場合、本会員は当社の損害賠償の請求に応じるものとします。
また、本サービスを掲載したことにより損害を負ったとしても当社は責任を負わないものとし、損害賠償などの義務を負わないものとします。

第14条(本規約の改訂)

当社は本利用規約を随時改訂することができるものとします。

第15条(準拠法と合意管轄)

本サービスは日本法に基づいて解釈されます。
本契約に関する一切の紛争(裁判所の調停手続きを含む)は、被告の本社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。


付則 
本規約は2021年1月11日に改定し適用とします。
令和3年1月11日最終改定